学部授業科目案内
76/158

74(注)「メディア、放送時間」欄についてはp.1を参照してください(BS放送、学習センター等での視聴について説明しています)。(注)単位認定試験の平均点については2019年5月1日現在での過去2学期(2018年度第1学期、2018年度第2学期)分を掲載しています。(注)網掛けの科目はオンライン授業科目です。課題実施スケジュールの確認方法はp.150を確認してください。(注)放送授業科目の放送期間はおおむね4年間です(放送期間は事情により変更することがあります)。(注)〈字〉がついている科目には字幕が付与されています。(注)旧専攻に所属している学生の方は、p.27~p.30の目次欄および各科目に下記の印をつけていますので確認してください。◯生:旧生活と福祉専攻 ◯発:旧発達と教育専攻 ◯社:旧社会と経済専攻 ◯産:旧産業と技術専攻 ◯人:旧人間の探究専攻◯自:旧自然の理解専攻心理と教育コース心理と教育コース 専門科目科目コード科目名ナンバリング主任講師名単 位メディア放送時間単位認定試験日・時限講義概要平 均 点(1570340)情報社会のユニバーサルデザイン ('19)〈310〉広瀬 洋子(放送大学教授)関根 千佳〔放送大学客員教授同志社大学客員教授〕「情報社会のユニバーサルデザイン(’14)」の単位修得者は履修不可2019年度開設科目2テレビ〔第2学期〕(水)15:45~16:30[第2学期]2020年1月26日(日)6時限(15:35~16:25)[情報コースと共用] 情報技術の進展により、情報は現代社会において大きな意味を持つ。情報は、まちづくり、ものづくり、教育、交通など、生活のあらゆる場で不可欠なものである。しかし、現代社会においては、多様なニーズを持つ人々が、情報、教育、放送メディア、社会活動などに「アクセス」することの重要性に対する認識が高まっている。この講義では、情報や教育のアクセシビリティを中心に、国内外の状況、支援技術やユニバーサルデザインの状況を理解し、高齢化、情報化の進む21世紀における人間と情報の在り方について考える。※インターネット接続が可能であること。(1570358)Webのしくみと応用 ('19)〈320〉森本 容介(放送大学准教授)伊藤 一成〔放送大学客員准教授青山学院大学准教授〕「Webのしくみと応用(’15)」の単位修得者は履修不可2019年度開設科目2テレビ〔第2学期〕(金)15:45~16:30[第2学期]2020年1月28日(火)6時限(15:35~16:25)[情報コースと共用] 日常生活や仕事を進める上で、Webは重要な役割を果たしている。Webの仕組みやWebシステムを実現するための技術を学び、普段意識せずに使っているWebの裏側を理解する。さらに、Webの関連技術やWebを使った応用システムについて学ぶ。※「情報ネットワーク(’18)」を履修しておくことが望ましい。(1562959)統計学('19)〈320〉藤井 良宜〔放送大学客員教授宮崎大学教授〕「統計学(’13)」の単位修得者は履修不可2019年度開設科目2ラジオ〔第2学期〕(木)14:15~15:00[第2学期]2020年1月23日(木)7時限(16:45~17:35)[自然と環境コースと共用] データの特徴を表現する記述的な統計手法については、すでに学習していることを前提として、次のステップである確率的なバラツキを考慮した統計解析の基本的な概念を深く理解したり、これから統計解析を実際に行ったりすることを目指す人々をターゲットとする。内容としては、母集団と標本の関係をベースにして、信頼区間による推定方法や統計的検定などの統計的推測の基本的な概念について詳しく解説する。さらに、回帰分析や因子分析などの多変量解析の手法の基本的な考えについて、その手法の特徴に焦点を当てて説明をする。※あらかじめ「身近な統計」の内容を学習しておくことが望ましい。○発○発○発

元のページ  ../index.html#76

このブックを見る