学部授業科目案内
96/158

94社会と産業コース 専門科目(注)「メディア、放送時間」欄についてはp.1を参照してください(BS放送、学習センター等での視聴について説明しています)。(注)単位認定試験の平均点については2019年5月1日現在での過去2学期(2018年度第1学期、2018年度第2学期)分を掲載しています。(注)網掛けの科目はオンライン授業科目です。課題実施スケジュールの確認方法はp.150を確認してください。(注)放送授業科目の放送期間はおおむね4年間です(放送期間は事情により変更することがあります)。(注)〈字〉がついている科目には字幕が付与されています。(注)旧専攻に所属している学生の方は、p.27~p.30の目次欄および各科目に下記の印をつけていますので確認してください。◯生:旧生活と福祉専攻 ◯発:旧発達と教育専攻 ◯社:旧社会と経済専攻 ◯産:旧産業と技術専攻 ◯人:旧人間の探究専攻◯自:旧自然の理解専攻科目コード科目名ナンバリング主任講師名単 位メディア放送時間単位認定試験日・時限講義概要平 均 点(1529277)教育の行政・政治・経営('19)〈320〉青木 栄一〔放送大学客員准教授東北大学准教授〕川上 泰彦〔放送大学客員准教授兵庫教育大学准教授〕○社○産 2019年度開設科目2ラジオ〔第2学期〕(土)1:30~2:15[第2学期]2020年1月28日(火)1時限(9:15~10:05)[心理と教育コースと共用] 現代の教育を、法制度やその運用実態に着目して学ぶ授業科目である。近年は様々な教育改革が矢継ぎ早に実行に移されている。その背景としては、政治主導や新しい公共管理の進展など教育をめぐる統治(ガバナンス)の変化や、それを受けた教育行政・学校経営の変容が指摘できる。この授業では教育に関する法制度やその運用の実態を基本から学ぶことで、現代の教育政策や教育改革への理解を深めるとともに、その論点や今後の課題を考えていく。※本科目に関係する科目として「生涯学習を考える(’17)」「教育社会学概論(’19)」「現代日本の教師-仕事と役割-(’15)」「学校と法(’16)」「少子社会の子ども家庭福祉(’15)」「現代の行政と公共政策(’16)」「現代日本の政治(’19)」等が開講されているので、自分の関心に沿って受講することが望ましい。社会と産業コース

元のページ  ../index.html#96

このブックを見る