大学院 博士後期課程案内
3/36

研究指導体制History of The Open University of Japan 1981年 6月放送大学学園法(昭和56年法律第80号)公布・施行1981年 7月放送大学学園設立1983年 4月放送大学学園により放送大学設置1985年 4月放送大学学生受け入れ開始放送(テレビおよびFMラジオ)による授業開始 1989年 4月第1回卒業式の挙行 1998年 1月CSデジタル放送による全国放送開始■沿革1998年 10月全国の学習センターで全科履修生受け入れ開始2001年 4月放送大学大学院修士課程設置2002年 4月放送大学大学院修士課程学生受け入れ開始 2003年 10月放送大学学園法(平成14年法律第156号)の施行に伴い特殊法人から特別な学校法人に移行2004年 3月最初の大学院修士課程学位記の授与 2006年 12月地上デジタル放送開始(関東エリア) 2010年 5月学生サポートセンター設置2011年 10月BSテレビ・ラジオ放送開始 2014年 4月放送大学大学院博士後期課程設置 2014年 10月放送大学大学院博士後期課程学生受け入れ開始 2015年 4月オンライン授業開始 2017年 9月最初の大学院博士後期課程学位記の授与 2018年 9月地上デジタル放送およびFMラジオ放送終了(関東エリア) 2018年 10月BSマルチチャンネル放送開始01 これは博士課程に入学された皆さんへ、自分の博士課程在学時代を振り返り、また、これまでの博士課程での指導の経験を踏まえて、高く評価される博士論文の完成にはどんな要素が必要なのかを、皆さんに学長メッセージとしてお贈りする小文です。学部、修士学生へのメッセージと併せてお読みください。 研究分野の違いを超えて、研究者として評価されるための必要十分条件とは何でしょうか。事実と自己の考えを明確に切り分け、自分の考えで読者を説得する能力の高さです。 では、事実と自己の考えを明確に切り分けるために必要な能力とは何でしょう。事実は、自分を取り巻く世界の観察という作業を経て、他の観察者、論文の読者との間で、それが事実であることの認識を共有するために、論文の執筆者が叙述した認識です。反対に、自己の考えは、他者と共有する必要がなく、むしろ独自性が高いほど価値が高いと評価される可能性を持ちます。しかし、その評価は、読者が論文作成者の考えを、様々な程度で肯定し、最終的には支持する、という条件付きでなされるものです。説得力の高さの問題。 まず、事実の叙述に関する能力。事実認識に必要な絶対条件は、自己の主観、自らの思考の作り出す世界と、それに左右されずに存在する世界の違いを冷静に見分ける能力です。かくありたいと願う世界は主観の世界で、他者と共有することを目的とする間主観的世界の認識とは異なるものです。自らの感覚器官を通さずに、自らの外に存在する世界を絶対的に認識することはできません。にもかかわらず、私たちが、他者の感覚器官を通じた世界と自らの世界の共有を行わねば、学問は成立しません。その共有を可能にするものがそれぞれの学問の基礎にある学問の作法、方法です。この作法の厳格性を自らのものとすること。 次に説得力の問題。これは事実とその事実の解釈についての自らの考えを、どのように組み合わせて、どのような順序で論ずるかにかかわる技術問題です。別の表現をすれば、論理的な整合性を必要条件として、読み手の期待するところを予測し、それと自らの独自の考えを対峙させつつ、読み手になるほどと思わせる技術の高さです。これを高めるには練習あるのみ。能力の高い他者との議論を繰り返し、自らの内に自らの考えを批判するもっとも鋭い批判者を内在させ、その最強の批判者を説得できるまでに自らの主張を磨くこと。よりよい説得のありようを倦まずに繰り返し試す忍耐心。 いずれも言うは易く行うに難いことです。だからこそそれに成功して得る学位に価値があるとも言えます。皆さん、博士の学位に向けて大いなる精進を。放送大学長來生 新 きすぎ しん 専門は法律学、特に経済法、行政法。最近はもっぱら海の利用や管理に関する法制度の研究、提言活動を行う。横浜国立大学名誉教授。法学修士(北海道大学)。MESSAGE 学修・指導上の特色学位取得までのプロセス履修カリキュラムプログラム紹介学長メッセージ沿革教育の基本方針博士後期課程の教育目的Q&A 特定研究基盤研究博士課程における研究

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る