大学院 博士後期課程案内
32/36

教育の基本方針研究指導体制●●●●●●学修・指導上の特色学位取得までのプロセス履修カリキュラムプログラム紹介学長メッセージ沿革博士後期課程の教育目的Q&A 特定研究基盤研究30自然科学プログラム隈部 正博 教授数理論理学、特に帰納的関数論①シカゴ大学大学院博士課程修了②Ph.D.(シカゴ大学)③ミネソタ大学数学科助教授、日本数学会雑誌「数学」編集委員、日本数学会数学基礎論・歴史分科会運営委員、日本数学会評議委員等④専門は、数理論理学、数学基礎論、特に帰納的関数論です。計算とは何か、様々な対象の計算可能性、計算の複雑さ、相対的な計算可能性、またその階層構造の解明です。また帰納的関数論の他分野への応用にも興味を持っています。例えば情報科学や経済学の分野において、数理論理学的観点から考察することです。⑤上記関連のテーマ。石崎 克也 教授函数論・函数方程式論①千葉大学大学院理学研究科博士課程数理物質科学専攻中途退学②博士(理学)(千葉大学)③東京工業高等専門学校専任講師、ヨエンスー大学研究員、日本工業大学教授、日本数学会函数論分科会委員、日本数学会評議員、Aequationes Mathematicae編集委員等④微分方程式や差分方程式のような函数方程式の研究をしています。複素函数論の研究も平行して進めています。これらの研究を可視化し数理モデルの解析に応用することやフラクタル図形の研究にも興味を持っています。⑤複素領域での微分方程式および差分方程式などの函数方程式、有理型函数論、整函数・有理型函数の複素力学系大森 聡一 准教授地質学変成岩岩石学、表層環境・岩石間相互作用①早稲田大学理工学研究科博士課程修了②博士(工学)(早稲田大学)③早稲田大学教育学部助手、東京工業大学理工学研究科特任准教授④岩石と大気・海洋の境界,および沈み込み帯などで起きる化学反応に注目して、長い時間スケールにおける物質循環と環境の関りについて研究しています。野外調査、岩石・鉱物の観察と化学分析、熱力学計算、データ解析などが主な手法です。⑤上記関連のテーマ、岩石学的な広義の地質学。分析機器などの制約があるため、すべての要望に応えられるわけではありません。ご留意下さい。谷口 義明 教授銀河の形成と進化 巨大ブラックホールの形成と進化観測的宇宙論 ①東北大学大学院理学研究科博士課程②理学博士(東北大学)③東京大学東京天文台助手、東京大学天文学教育研究センター助手、東北大学大学院理学研究科助教授、愛媛大学大学院理工学研究科教授、愛媛大学宇宙進化研究センター長を経て現職国際天文学連合、日本天文学会④天文学は基礎科学の分野に属しますが、宇宙の探求は自然科学の基礎とも言える分野です。物理学、数学、化学など、できるだけ広い分野に関心を持ち、積極的な姿勢で研究されることを推奨いたします。英語の素養の必要ですが、まずは日本語で論理的な思考をすることが大切です。人文科学や社会科学にも関心を持ち、幅広い教養を身につけることにも留意されてください。⑤専門分野である、銀河の形成と進化、巨大ブラックホールの形成と進化、及び観測的宇宙論のほか、最近では太陽系小天体の研究も始めています。研究テーマについては柔軟に対応しますので、ご遠慮なくご相談ください。

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る