大学院(博士全科生) 学生募集要項・授業科目概要
45/66

人間科学プログラム科目名担当教員名単位講義概要社会心理学研究法森  津太子 教授1社会心理学の基礎的な理論、最新の研究動向、主な研究手法について、文献講読を通じて学ぶ。また、各自の研究テーマに沿ってレポートを作成・発表し、受講生全員で討議を行う。このようなプロセスを通じて、社会心理学についての認識を深めるとともに、自らの研究を適切に計画、実施、分析する能力を涵養する。認知心理学研究法 高橋  秀明 准教授1認知心理学の基礎的理論、研究方法、及び最新の研究動向について、文献講読やレポート発表を通して学ぶ。さらに、認知心理学の応用的な側面という意味で、受講生の各自の研究テーマと認知心理学との関わりについて、そしてデータ収集計画について、発表と全員での討議を行う。以上のプロセスを通して、受講生が自らの研究テーマを絞り込むことができるようにする。発達心理学研究法 向田 久美子 准教授1発達心理学における基礎的理論や最新の研究動向、種々の研究方法について、文献講読やレポート発表、討論を通して学ぶ。そのプロセスを通して、受講者の研究テーマの絞り込みと研究方法の精緻化を図り、博士論文執筆のための基盤作りをする。心理臨床学研究法大山  泰宏 教授1この授業では、研究に必要な資料収集や検索の方法を身につけるとともに、心理臨床学の研究法の広がりと本質に関して理解するために、さまざまな研究法による論文を精読するとともに、自らの研究計画を立て実施しつつ、研究論文を執筆することを通して、研究法を習得する。臨床心理学事例研究法倉光   修 教授1臨床心理学における質的研究の中でも、とくに、事例研究という研究法について学ぶ。授業では、受講生各自の研究テーマと関連する事例研究論文や受講生自身が担当した事例を取りあげ、レポート発表と討議を行って、博士論文作成に寄与することを目指す。深層心理学研究法橋本  朋広 教授1深層心理学における基礎的な理論、最新の研究動向、種々の研究方法について、文献講読、レポート発表、討論を通して学ぶ。そのプロセスを通して、受講者の研究テーマを絞り込み、テーマにふさわしい研究方法を考え、博士論文執筆のための基盤を作る。医療心理学研究法小林 真理子 教授1医療領域の心理臨床に関する博士論文の研究テーマについて、関連する重要文献の体系的な文献講読を行い、討議を行う中で、最新の研究理論と研究動向を理解し、研究方法を習得するとともに、自らの研究テーマを深化し、研究方法を精緻化し、博士論文作成のための基盤を構築する。芸術療法学研究法 佐藤  仁美 准教授1心理臨床(主として表現療法・芸術療法等)に関する原著論文等の講読・討議を中心とした演習を行う。古典的文献・最新の研究動向等の文献講読や自らの事例研究・レポート発表、討論を通して学ぶ。そのプロセスを通して、受講者の研究テーマの絞り込みと研究方法の精緻化を図り、博士論文執筆のための基盤作りをする。教育臨床心理学研究法 波田野 茂幸 准教授1この授業では、教育領域の心理臨床に関する論文作成に必要な資料収集、文献購読、討議を行うことで各自の研究テーマが深化することを目指す。さらに、そのプロセスを通して、研究の意義、研究方法を精緻化し、博士論文作成に必要な基盤づくりを行う。− 5 −

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る