大学院(博士全科生) 学生募集要項・授業科目概要
54/66

人文学プログラム科目名担当教員名単位講義概要杉森  哲也 教授12ゼミナール及び個人指導により、日本近世・近代史研究の素材である古文書・古記録などの史料の正確な読解と解釈、研究史の理解とそれを踏まえた論理構築の能力を養成するとともに、これらを基盤として、具体的かつ適切な課題設定に基づく研究論文の構想及び作成のための研究指導を行う。滝浦  真人 教授ゼミナールと個別指導を併用しながら、言語学において培われてきた言語研究の手法と実際の研究例及び成果についての知見を基盤として、学生が各自の研究課題を具体的かつ適切に遂行し、高いレベルと公共性を満たした研究論文を完成できるよう研究指導を行う。野崎   歓 教授ゼミナールと個別指導を併用しながら、フランス語圏文学において培われてきたフランス語圏文学研究の手法と実際の研究例及び成果についての知見を基盤として、学生が各自の研究課題を具体的かつ適切に遂行し、高いレベルと公共性を満たした研究論文を完成できるよう研究指導を行う。宮本 陽一郎 教授ゼミナール及び個人指導により、英文学研究における専門的知識の習得と先行研究の学説史的総括を行うとともに、原典読解法、論理的構想力、学術的表現力を向上させ、独創性に富む学術論文を作成するための研究指導を行う。− 14 −

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る