大学院(博士全科生) 学生募集要項・授業科目概要
57/66

情報学プログラム科目名担当教員名単位講義概要情報行動研究法 三輪 眞木子 特任教授1情報探索、情報獲得、情報利用、情報拒否等日常の活動に埋め込まれた人間の情報行動を文脈に沿って抽出し、モデルや理論を構築し、情報システムや情報サービスの設計・改善に活用する方法を学ぶ。質問紙法、インタビュー法、観察法、会話分析法、日記法、Qソート、順序ツリー法、現象学、エスノメソドロジー、アクティビティ理論、SD法等の様々な方法の信頼性・妥当性を考察し、受講者の研究に適用可能な研究手法を選定し、研究設計を指導する。マルチメディア情報処理研究法柳沼  良知 教授1マルチメディア情報処理の最新の理論や研究動向、研究方法等を学ぶことを目的とする。基礎的な理論から始まり、データ管理構造や情報探索手法、情報パターンの分析・認識手法、大規模データの処理・分析手法などについて学ぶ。博士論文で取り組もうとしている研究テーマ・課題に関連する事柄を体系的に学ぶことで、研究テーマ・課題の意義を明確化するとともに、自立的に研究を進めるための素地を習得できるようにする。教育・学習データ分析 研究法山田  恒夫 教授1教育機関にはさまざま情報システムが導入され、学習者の学習過程や学修成果に関するデータが電子的に蓄積されている。生涯学習者の情報端末は学習端末でもあり、学習に必要な情報や知識(学習材)が構成されるとともに、生涯にわたり、機関を越えて学習ログデータにアクセスできる必要がある。本授業では、最新の学習科学の理論や知見を知るとともに、分散する教育・学習データを結合し分析する方法、学習過程の解析と教育評価を関連付ける方法、エコシステムとしての学習情報基盤を構築する方法とその相互運用性のための国際標準化について学ぶ。後半は、利用可能なデータセットをもとに、学習解析(あるいは機関研究)ツールを用いて、実践的な演習を行う。生体情報処理研究法 秋光  淳生 准教授1数理情報研究において基盤となる脳の情報処理についての知見とそうした理論とモデルについて学ぶ。そのために必要な非線形力学と機械学習について学ぶ。こうしたモデルの動作についての理解に基づき、どのような工学的な応用がなされてきたのかについて調査を元に学ぶ。研究動向、研究手法について学び、そうした理論がどのように応用されてきたのかについて学ぶ。そして、受講生が取り組む博士論文の研究課題に関連した資料の調査や研究を行う。教育・学習システム工学研究法 辻   靖彦 准教授1教育や学習におけるデータベース等を用いたシステムの開発やその活用及び、得られたデータの評価分析方法に関して基本的な概念、研究方法や研究動向、教育実践について学習する。そのために、文献購読を行い議論し合うことを通じて最新の研究知見と研究動向を理解し、研究方法を主体的に習得する。後半では本科目の内容及び各自の研究テーマと関連した課題を設定し、先行研究、課題の解決方法や研究アプローチについて発表を行う。これらの学修を通じて博士論文における自律的な研究活動の基盤を構築する。情報環境応用研究法 葉田  善章 准教授1情報工学において基盤となる理論や研究動向・研究方法について、モノのインターネットに代表される環境を構築する分野を中心に学ぶ。ネットワークにつながるさまざまな端末により構成されるシステムに関し、研究を進める上での課題の設定や問題解決の方法、システムの設計や開発、得られたデータの活用について紹介する。受講生が取り組む研究テーマに関連する基礎知識の習得を目標とする。学習支援システム研究法 森本  容介 准教授1学習のための情報システムについて、体系的に学ぶ。独習システム、協調学習システム、学習情報検索システム、教材や学習履歴の管理システムなど、多様な学習支援システムの歴史と現状を知る。情報システムの開発技術、学習の分析、関連する標準規格、運営・支援組織なども取り扱う。また、学習支援システムに関する文献や標準規格の仕様書などを読み、研究動向や最新の状況を学ぶ。− 17 −

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る