キャリアアップ支援認証制度プログラミング教育プラン
5/6

阿部 和広 客員教授(青山学院大学大学院特任教授)吉田 葵 客員准教授(青山学院大学助教)【キーワード】Scratch,構築主義,Learning Creative Learning回テ ー マ内           容2図形を書く一連の処理を繰り返すことにより,いろいろな図形をプログラミングで作成する方法を学ぶ。1Scratchをはじめる初めてコンピュータプログラミングを学ぶひとを対象に、スクラッチを始める環境、簡単なプログラムの作成方法を学ぶ。また、Scratchが開発された背景やプログラミング教育で目指すものについて学ぶ。〕無(オンライン講座)Scratchプログラミング指導法2019履修制限無科目区分単位数〔吉田 葵 客員准教授(青山学院大学助教)ゲスト:佐和 伸明 氏(柏市立手賀東小学校校長、小学校プログラミング教育の手引(第二版)協力者)Teaching Method of Scratch Programmingキャリアアップ支援認証講座〔主任講師(現職名):吉田 葵(青山学院大学助教)【キーワード】図形描画,正多角形,繰り返し担当講師名(所属・職名)〕阿部 和広(青山学院大学大学院特任教授)〕講義概要情報技術の発展により、情報機器を理解したり、使いこなしたりする能力は、現代人のすべての人に必須となった。特に、コンピュータの動作原理の基本であるプログラミングの経験の有無は、これからの未来において必須の教養となるといえる。本科目では、MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボが開発している「スクラッチ」(Scratch)というプログラミング学習環境を利用し、まずは、プログラミングについて学び、そして、次にプログラミングの学習をサポートする(教える)方法を取り扱う。また、文部科学省により取りまとめられた「小学校プログラミング教育の手引き」をふまえた内容を取り入れる。〔主任講師(現職名):成績評価は,CBTによる修了テスト(100%)の評価により行う.修了テストは,各回の確認テストをすべて受験した者だけが受験できる.【本学担当専任教員:辰己 丈夫(放送大学教授)】授業の到達目標この授業では、コンピュータプログラミングを全く経験したことがない人が、プログラミングを学び、そして、プログラミングの授業を担当できるようになることを目標とする。成績評価の方法履修上の留意点・「小学校プログラミング教育 導入編」(3コマ)のオンライン講座の修了し、証明書を持っていることを前提とする。・Scratch用入出力拡張ボード「いぬボード」を利用する事例を紹介するが,購入は任意とする。・「小学校の先生のための Why!?プログラミング 授業活用ガイド」を授業内で参照する。事務局記載欄英文名=科目名(メディア)=開設年度

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る