大学院 修士課程案内
7/36

オンライン授業看護師「特定行為研修」放送大学大学院修士課程の魅力修士全科生修士選科生修士科目生プログラム紹介評価される4つの理由学長メッセージ沿革Q&A教育の基本方針入学者受入方針06 本大学院修士課程では、研究を持続できることが重要と考え、各地でのフォロー体制の充実にも力を入れています。例えば、全ての都道府県に設置された学習センターは、皆さんのキャンパスとして全国どこでも学べるだけでなく、転勤などの事情にも対応できます。 放送授業を見逃した場合や繰り返して学習したい時に、自分の都合に合わせてインターネットや学習センターの設備で再視聴できるほか、メディア等を用いた研究指導を利用して、多忙な仕事や育児などと両立させた修了生も数多くいます。一般の大学院にはないフォロー体制を最大限に活用して、研究成果を上げてください。 なお、放送授業番組の制作や印刷教材の原稿執筆は、社会的な要請や学習者ニーズの変化に速やかに対応できるよう、本学において全て独自に行っています。修了生からのメッセージ4●専門学校「PC実習」におけるLMSの効果 的な活用研究 -アクションリサーチを通して-●主体的な学習場面における個別適応化を目 指すプログラミング教育支援システムの研究●プログラミングの算数数学教育での効果と検証 -生徒の創作したScratchプログラム教材 を授業で活かす-●ヒヤリハット報告に基づくテキストマイニング 手法を用いたヒューマンエラー分析と考察●インターネット広告におけるスパースで高次 元なユーザー行動の効率的な特徴獲得に 関する研究●逆問題の研究●カラマツ人工林の帯状伐採後の植生 -生物多様性を向上させる森林管理の検討-●系外惑星探査に於けるハビタブル統計と見 落とされた惑星の研究●湧水環境における沈水形オオカワヂシャ繁 殖メカニズムの解明 ~遺伝的攪乱の実態~●天竜川下流域の河岸段丘における堆積礫 の風化皮膜形成速度研究を持続するためのフォロー体制が充実修了生からのメッセージ大政 孝充さんゼミで現場の生の声を聞くことがこの大学院の特徴 私は普段、人工知能の開発やコンサルティングをしています。放送大学の修士課程では鈴木一史先生のゼミに所属し、多方面からご指導いただきました。また実装力のあるゼミ生らとの交流が研究の刺激になりました。さらに柳沼良知先生が主宰する合同ゼミでは情報学の枠に収まりきらない多様な方々の研究を拝聴することができ、多角的なものの見方が身についたと考えています。放送大学の学生は既に社会で活躍されている方々が多く、ゼミでは現場の生の声を聞くことができます。これはほかの大学院にはない特徴だと考えています。現在、私は博士後期課程で再びお世話になっております。今後も真理を追究することで真相強化学習して参ります。●論文テーマ「3次元環境下における深層強化学習の新たなモデルの提案」2016年度 情報学プログラム終了神谷 邦子さん2017年度 自然環境科学プログラム修了●論文テーマ「遺伝子を身近に感じるための実験体験プログラムの開発」学びなおしを放送大学で 研究機関の研究補助のパート職員をしています。育児を終え、主婦から復帰した時の挫折は大きく、学び直しとして、放送大学で生命科学を中心に履修しました。他方、子どもたちを理科好きにするためのボランティア活動を行う中で、生命科学に関して、知識の無さや偏見の多さを知りました。リテラシー教育に役立つプログラムをと考えましたが、活動の中では開発に費やす時間も費用もありません。大学院でプログラム開発の機会をいただき、形にできました。開発では、‘難しいことを易しく簡単に’という困難さがありました。二河成男教授には、その都度熱心な指導と励ましをいただきました。このプログラムが、社会貢献の一助になればと考えています。

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る