エキスパート~認証取得の手引き~
28/32

-28-㉘コミュニティ学習支援プラン認証状の名称地域生涯学習支援(認証の教育目標と社会的意義)現代の地域社会にあっては、年齢や性別、職業等を問わず、種々さまざまな学習活動が展開されている。しかし、そうした学習機会は必ずしも体系的であるとは言えず、学習を効果的に進めるには困難を伴うため、十分な知識と経験を持った学習支援者の存在が強く求められている。本プランでは、地域社会(コミュニティ)そのものの理解及びそこでの学習活動のあり方の理解を基礎に、自らの学習体験を踏まえて学習者を有効に支援する技量の習得を目標とする。(認証取得後の目的・目指せる道・資格等)上記(認証の教育目標と社会的意義)をご参照ください。(認証取得条件)閉講科目を含む授業科目群58単位の中から、必修科目8単位、選択必修科目4単位以上を含めて、20単位以上を修得すること。◎:必修科目、○:選択必修科目、無印:選択科目※「備考」欄にⒶ、Ⓑ等の表記がある科目については、同じ記号の科目を複数修得していても、認証取得条件として認められるのは1科目分の単位数のみです。 授業科目群の構成科 目 名分野もしくは コース名必修 科目等備考1教育学入門('15)R心理と教育◎Ⓐ2地域コミュニティと教育('18)T心理と教育/社会と産業◎Ⓑ3生涯学習を考える('17)O心理と教育/人間と文化◎Ⓒ4発達科学の先人たち('16)R心理と教育○5市民自治の知識と実践('15)R基盤科目6心理と教育へのいざない('18)R心理と教育7学校と社会を考える('17)O心理と教育8グローバル化と私たちの社会('15)R社会と産業9歴史と人間('14)T人間と文化10現代社会の児童生徒指導('17)T心理と教育Ⓓ11子ども・青年の文化と教育('17)R心理と教育Ⓔ12カリキュラムと学習過程('16)R心理と教育13家族と高齢社会の法('17)T社会と産業/生活と福祉(閉講科目)以下の科目の単位を修得済みの場合、科目の有効期限(開講年度から10年間)までは認証取得条件として認めます。(6、7ページの「授業科目群の見方(全認証プラン共通)」参照)14教育入門('11)一般科目(人文系)◎Ⓐ15地域社会の教育的再編('12)心理と教育◎Ⓑ16現代の生涯学習('12)心理と教育◎Ⓒ17移動と定住の社会学('16)社会と産業◎[注]18教育の社会学('15)心理と教育○Ⓕ19教育と社会('11)一般科目(人文系)○Ⓕ20日本の教育改革('15)心理と教育○21社会心理学('14)心理と教育○22市民と社会を考えるために('11)基礎科目23貧困と社会('15)生活と福祉Ⓖ24現代の生活問題('11)一般科目(社会系)Ⓖ 現代の生活問題('07)25心理と教育を学ぶために('12)心理と教育26児童・生徒指導の理論と実践('11)心理と教育Ⓓ27子ども・若者の文化と教育('11)心理と教育Ⓔ28社会調査の基礎('15)社会と産業 社会調査('09)、社会調査('05)29博物館概論('11)人間と文化[注]本プランの必修科目のうち、科目№17「移動と定住の社会学('16)」は2019年度第2学期閉講科目です。そのため、2019年度(2020年度第1学期再試験含)までに当該科目の単位を修得している場合のみ、本プランの認証取得が可能です。※本プランは2019年3月31日をもって廃止されましたが、経過措置として2024年3月31日まで申請が可能です。ただし、2019年度以降は新規科目の追加は行いませんので、科目の閉講、有効期限等に十分注意してください。なお、放送授業科目の開設期間はおおむね4年間です(開設期間は事情により変更することがあります)。㉙アジア研究プラン認証状の名称アジア研究(認証の教育目標と社会的意義)アジアを東アジアから西アジアにいたる広い範囲でとらえ、各地域と学問分野を横断し、アジアを多様な視点から包括的に学ぶ。現代の世界におけるアジアの重要性、日本における社会的要請、及び学生の関心の所在に、放送大学の幅広い科目群と教授陣が応える社会的意義は大きい。(認証取得後の目的・目指せる道・資格等)上記(認証の教育目標と社会的意義)をご参照ください。(認証取得条件)閉講科目を含む授業科目群56単位(「任意の外国語科目【4単位】」を含む。)の中から、必修科目4単位を含めて、20単位以上を修得すること。◎:必修科目、無印:選択科目※「備考」欄にⒶ、Ⓑ等の表記がある科目については、同じ記号の科目を複数修得していても、認証取得条件として認められるのは1科目分の単位数のみです。 授業科目群の構成科 目 名分野もしくは コース名必修 科目等備考1任意の外国語科目【4単位】【面接授業も可】T、R、面、O外国語科目◎[注]2グローバル化と私たちの社会('15)R社会と産業3現代の国際政治('18)T社会と産業/人間と文化 現代の国際政治('13)4アジア産業論('17)R社会と産業5日本仏教を捉え直す('18)R人間と文化6韓国朝鮮の歴史('15)R人間と文化 北東アジアの歴史と朝鮮半島('09)7フィールドワークと民族誌('17)O人間と文化8海から見た産業と日本('16)R社会と産業9世界の中の日本('15)T総合科目10環境と社会('15)R総合科目 環境と社会('09)11東南アジアの歴史('18)R人間と文化(閉講科目)以下の科目の単位を修得済みの場合、科目の有効期限(開講年度から10年間)までは認証取得条件として認めます。(6、7ページの「授業科目群の見方(全認証プラン共通)」参照)12市民と社会を考えるために('11)基礎科目13国際理解のために('13)基盤科目14アジアの社会福祉と国際協力('14)生活と福祉15東アジアの政治社会と国際関係('16)社会と産業16パレスチナ問題('16)社会と産業17移動と定住の社会学('16)社会と産業18現代南アジアの政治('12)社会と産業19企業・消費者・政府と法('11)社会と産業20国際経営('13)社会と産業 国際経営('09)、国際経営論('05)21グローバル化と日本のものづくり('15)社会と産業 グローバル化と日本のものづくり('11)22グローバリゼーションの人類学('11)人間と文化23仏教と儒教('13)人間と文化24イスラーム世界の歴史的展開('11)人間と文化25歴史からみる中国('13)人間と文化26観光の新しい潮流と地域('11)総合科目27途上国を考える('14)総合科目[注]科目No.1「任意の外国語科目」については、同一もしくは異なる外国語を合計4単位修得すること。放送授業、オンライン授業、面接授業いずれも可。なお、外国語科目であれば、科目の開講年度に関わらず過去に修得した単位も認めます。外国語科目を4単位以上修得しても、認証取得条件として認められるのは4単位のみです。また、他大学等で修得した単位は認められませんので、本学の外国語科目を履修してください。※本プランは2019年3月31日をもって廃止されましたが、経過措置として2024年3月31日まで申請が可能です。ただし、2019年度以降は新規科目の追加は行いませんので、科目の閉講、有効期限等に十分注意してください。なお、放送授業科目の開設期間はおおむね4年間です(開設期間は事情により変更することがあります)。

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る