2020_gb_jk_an_01
118/152

116情報コース 専門科目(注)「メディア、放送時間」欄についてはp.1を参照してください(BS放送、学習センター等での視聴について説明しています)。(注)単位認定試験の平均点については2019年11月1日現在での過去2学期(2018年度第2学期、2019年度第1学期)分を掲載しています。(注)網掛けの科目はオンライン授業科目です。課題実施スケジュールの確認方法はp.146を確認してください。(注)放送授業科目の放送期間はおおむね4年間です(放送期間は事情により変更することがあります)。(注)〈字〉がついている科目には字幕が付与されています。情報コース科目コード科目名ナンバリング主任講師名単 位メディア放送時間単位認定試験日・時限講義概要平 均 点(1570412)身近なネットワークサービス('20)〈320〉葉田 善章(放送大学准教授)※この科目は「身近なネットワークサービス(’16)」の改訂科目です。「身近なネットワークサービス(’16)」の単位修得者は履修不可2020年度開設科目2テレビ〔第1学期〕(火)16:30〜17:15[第1学期]2020年7月22日(水)5時限(14:25~15:15) 現代の社会において、モノとも呼ばれるコンピューターどうしを接続するネットワークはさまざまな場所で用いられるようになった。ネットワークのとらえ方や通信のしくみといった理解する上で基礎となる知識、ネットワークを中心としたコンピューターの利用形態、私たちの身近で実現されるようになったネットワークを使ったサービスについて解説する。ネットワークによるサービスを実現するために不可欠となったコンピューター技術についても学ぶ。※必須ではないが、「情報学へのとびら(ʼ16)」「情報理論とデジタル表現(ʼ19)」「コンピュータの動作と管理(ʼ17)」「コンピュータとソフトウェア(ʼ18)」「情報ネットワーク(ʼ18)」「コンピュータ通信概論(ʼ20)」「Webのしくみと応用(ʼ19)」といった、コンピューターやネットワークに関連する科目を受講していることが望ましい。※本科目は「身近なネットワークサービス(ʼ16)」を改訂した科目であり、重複する内容がある。※全15回を改訂しています。(1570323)情報セキュリティと情報倫理('18)〈310〉山田 恒夫(放送大学教授)辰己 丈夫(放送大学教授)「情報のセキュリティと倫理('14)」の単位修得者は履修不可2018年度開設科目2テレビ 〈字〉〔第1学期〕(日)16:30〜17:15[第1学期]2020年7月21日(火)6時限(15:35~16:25) 情報化は社会の様々な分野に浸透し、現代社会を特徴づけるに至っている。多くの福利を人類社会にもたらす一方、格差を助長したり犯罪の手段になるなど、「影」の部分への対応が日々必要になっている。また、情報化が広範に、そして基幹的な部分に拡大するほど、それが機能しなくなった場合のリスク管理は不可欠となる。そして、情報技術と情報リテラシーの高度化にともない、ユーザひとりひとりが被害者にも、そして意図せず加害者になる可能性も増している。本科目では、情報セキュリティと情報倫理の問題を、システムの開発運用およびわれわれの利活用の2つの観点から解説し、その全体像を明らかにする。【平均点】2018年度2学期(71.7点)2019年度1学期(70.0点)(1570358)Webのしくみと応用('19)〈320〉森本 容介(放送大学准教授)伊藤 一成〔放送大学客員准教授青山学院大学准教授〕「Webのしくみと応用(’15)」の単位修得者は履修不可2019年度開設科目2テレビ 〈字〉〔第1学期〕(日)22:30〜23:15[第1学期]2020年7月22日(水)2時限(10:25~11:15) 日常生活や仕事を進める上で、Webは重要な役割を果たしている。Webの仕組みやWebシステムを実現するための技術を学び、普段意識せずに使っているWebの裏側を理解する。さらに、Webの関連技術やWebを使った応用システムについて学ぶ。※「情報ネットワーク(ʼ18)」を履修しておくことが望ましい。※この科目は、情報コース開設科目ですが、心理と教育コースで共用科目となっています。【平均点】2019年度1学期(69.7点)(1570269)データベース('17)〈320〉辻 靖彦(放送大学准教授)芝﨑 順司(放送大学教授)2017年度第2学期開設科目2テレビ 〈字〉〔第1学期〕(水)16:30〜17:15[第1学期]2020年7月21日(火)3時限(11:35~12:25) 日常生活や仕事を進める上で重要なシステムではほとんど利用されているデータベースについて、その概念、歴史、仕組みと応用を、例を交えて基本から解説する。身近なデータベースの活用例から始まり、データベースを使うとどのような所が便利なのか、データベースの意義や役割を明らかにし、もっとも利用頻度の高いデータベースであるリレーショナルデータベースの設計・管理方法を解説する。さらに、データベース技術の応用として、複雑な処理が必要になるデータモデルや近年様々なシステムで汎用的に使われているマークアップ言語であるXML、そして分散データベースなども併せて扱う。【平均点】2018年度2学期(70.4点)2019年度1学期(70.2点)

元のページ  ../index.html#118

このブックを見る