2020_gb_jk_an_01
131/152

129(注)「メディア、放送時間」欄についてはp.1を参照してください(BS放送、学習センター等での視聴について説明しています)。(注)単位認定試験の平均点については2019年11月1日現在での過去2学期(2018年度第2学期、2019年度第1学期)分を掲載しています。(注)網掛けの科目はオンライン授業科目です。課題実施スケジュールの確認方法はp.146を確認してください。(注)放送授業科目の放送期間はおおむね4年間です(放送期間は事情により変更することがあります)。(注)〈字〉がついている科目には字幕が付与されています。(注)旧専攻に所属している学生の方は、p.27~p.30の目次欄および各科目に下記の印をつけていますので確認してください。◯生:旧生活と福祉専攻 ◯発:旧発達と教育専攻 ◯社:旧社会と経済専攻 ◯産:旧産業と技術専攻 ◯人:旧人間の探究専攻◯自:旧自然の理解専攻自然と環境コース 専門科目自然と環境コース科目コード科目名ナンバリング主任講師名単 位メディア放送時間単位認定試験日・時限講義概要平 均 点(1519158)食と健康('18)〈310〉吉村 悦郎(放送大学特任栄誉教授)佐藤 隆一郎〔放送大学客員教授東京大学大学院教授〕「食と健康('12)」「食と健康('06)」「食品の成分と機能('03)」の単位修得者は履修不可2018年度開設科目2テレビ 〈字〉〔第1学期〕(水)6:00~6:45[第1学期]2020年7月18日(土)3時限(11:35~12:25)[生活と福祉コースと共用] 食品は様々な化学物質の混合物であり、その栄養機能、生体調節機能を通して、我々の生命維持に必須の役割を果たしている。一方、偏った食生活からは種々の疾病を招いている。このような食品や食品成分による生化学過程を基礎から学習することにより、現代における食と健康をとりまく重要な課題の理解を図る。※科学の一分野としての食品と健康について学習するが、その過程では記憶するべき項目と理解するべき項目を意識することが重要である。論理的な思考を重ねることにより、より深い理解につながる。なお、高校程度の化学と生物学の知識があることが望ましい。【平均点】2018年度2学期(79.7点)2019年度1学期(65.8点)(1639684)地球温暖化と社会イノベーション('18)〈320〉六川 修一〔放送大学客員教授東京大学教授〕向井 人史〔放送大学客員教授国立環境研究所地球環境研究センター長〕2018年度開設科目2テレビ 〈字〉〔第1学期〕(火)7:30~8:15[第1学期]2020年7月22日(水)1時限(9:15~10:05)[社会と産業コースと共用] 温暖化に代表される地球環境問題は人類ならびに地球全体の問題である。これまで、温暖化の原因研究や将来の影響予測等とともに、緩和策・適応策に関する研究や議論がIPCCやCOPの場で長く行われてきた。そして、2015年COP21「パリ協定」が締結され、ようやく途上国、先進国が一丸となって、温度上昇の目標設定、緩和量の各国目標設定、資金提供、これらに対する観測、報告、評価などに向けて初めての一貫した方針が出された。本講座では、これまでの地球温暖化問題の研究の歴史とともに研究成果を整理した後、政府、企業、研究機関、市民それぞれの現在の取り組み内容を俯瞰し、この問題解決のために人類が取り得る行動とその可能性について考える。※本講座だけでは、進化する産業や対策、改善、適応などに貢献できる技術などをリアルタイムにすべて解説することは、極めて難しい。そこで補足手段として、Webの設置などにより、可能な限りニュース性のある情報や研究の取り込みを行う予定である。また、各地域に存在する環境系コミュニティとの連携や全国にある学習センターの活用を通して、受講者のコミュニティ作りなども検討することで、受講者自らによる地球環境改善等の活動を促したい。【平均点】2018年度2学期(63.2点)2019年度1学期(67.0点)(1570277)データ構造とプログラミング('18)〈320〉鈴木 一史(放送大学教授)「データ構造とプログラミング('13)」の単位修得者は履修不可2018年度開設科目2テレビ 〈字〉〔第1学期〕(木)22:30~23:15[第1学期]2020年7月22日(水)4時限(13:15~14:05)[情報コースと共用] 計算機科学において重要な“データ構造”と“プログラミング”について学習する。基本的なデータ構造の例として、配列、スタック、キュー、連結リスト、双方向連結リスト、環状連結リスト、バイナリサーチツリー、平衡木、ハッシュテーブル、ヒープ、グラフ等について学習する。また、これらのデータ構造を利用したデータの基礎的な操作(探索、挿入、削除、整列)等について学び、各データ構造の特性や計算量の関係を知ることによって、ソフトウェアの設計やプログラミングに応用できるようにする。※計算機科学の入門的科目を履修しており、初歩的なプログラミング(変数、データ型、演算、条件分岐、繰り返し処理、関数、ファイル等)について知っていることが望ましい。※自分でコンパイラのインストールやプログラミング開発環境の設定をPCにできることが望ましい。※「データ構造とプログラミング(’13)」の単位修得者は履修不可。【平均点】2018年度2学期(75.8点)2019年度1学期(76.8点)(1570285)コンピュータとソフトウェア('18)〈310〉辰己 丈夫(放送大学教授)中谷 多哉子(放送大学教授)2018年度開設科目2テレビ 〈字〉〔第1学期〕(月)22:30~23:15[第1学期]2020年7月23日(木)2時限(10:25~11:15)[情報コースと共用] コンピュータのハードウェアと、その上で動くソフトウェアが、どのようなしくみで動作するのか、その基本的な考え方と、その考え方に基づいた構築の実際について学ぶ。具体的には、デジタルデータの取り扱い、アルゴリズム、プログラミング、ソフトウェア工学、データベース、ユーザインタフェース、ネットワーク、コンピュータのハードウェアである。情報学に関連する主要な資格試験で問われている領域のうち、コンピュータの構造と、ソフトウェアの原理に関する部分をカバーする。※以下の科目は関連が強い科目である。この科目の履修後に履修すると理解が進みやすくなると思われる。「計算の科学と手引き(’19)」「データ構造とプログラミング(’18)」「コンピュータの動作と管理(’17)」「Webのしくみと応用(’19)」「コンピュータと人間の接点(’18)」※この科目の通信指導の提出はWebのみでの受付となります。郵送では受け付けませんので、ご注意ください。※通信指導の提出はWebのみ冊子での問題送付はありません【平均点】2018年度2学期(66.6点)2019年度1学期(65.1点)○自○自○自○自

元のページ  ../index.html#131

このブックを見る