2020_gb_jk_an_01
148/152

146オンライン授業について 全ての学習をインターネットで行います。科目ごとに決められた期間に課題を提出することで成績評価を行います。放送授業のように通信指導や学習センターで行う単位認定試験はありません(一部科目を除く)。オンライン授業の学習方法・操作方法は、「オンライン授業体験版(https://online-open.ouj.jp)」を確認してください。[履修上の注意] 1.オンライン授業には1単位科目(8コマ)と2単位科目(15コマ)があります。1コマあたり、講義が45分程度、課題(選択式問題・レポート・ディスカッションなど)の解答が45分程度を合わせた90分程度の授業です(科目の特性により異なります)。 2.オンライン授業の全ての教材はインターネットで配信します(印刷教材はありません)。一部の科目については指定教材があります。シラバスを確認してください。 3.オンライン授業科目の単位修得後、放送大学に学籍があり、かつ当該科目の開設期間中は、復習用に講義映像や資料などの一部を閲覧することができます。配信は学期開始1ヶ月後ごろ開始します。 4.単位を修得できなかった場合、再度科目登録が必要になります。オンライン授業は通信指導、単位認定試験を行わないため再試験はありません(一部科目を除く)。 5.受講にはインターネット接続されたパソコンとブラウザー、Adobe Reader等のPDFファイルが閲覧できるソフトウェアが必要です。学習できる環境をご自身で整えたうえ、科目登録をお願いします。学習センターなどのパソコンは、原則利用できません。[単位認定試験を実施するオンライン授業科目について] 「教育課程の意義及び編成の方法(’15)」「幼児理解の理論及び方法(’15)」「小学校外国語教育教授基礎論(’17)」はWeb通信指導、単位認定試験を実施します。通信指導はWebのみの受け付けとなり、郵送はありません。通信指導に合格した上で、学習センターなどで単位認定試験を受験する必要があります。試験時間割は授業科目案内を確認してください。 上記科目に関しては、新規に科目登録した学期に単位修得できなかった場合、次の学期に学籍がある場合に限り、科目登録を行わなくても再試験を受けられます。[オンライン授業の主な課題について]・選択式問題:設問解答を行った後、すぐに解説を閲覧し、理解を深めることができます。・レポート:レポート提出はインターネットで行います。郵送での提出は受け付けていません。・ディスカッション:ディスカッションは、実名で電子掲示板へ投稿します。Webカメラなど、映像でのやりとりはありません。テーマや方法は科目により異なります。ディスカッションのページを公開している期間(短くても10日間程度)に発言を投稿していただきます。※学期開始後にオンライン授業システムに記載の注意事項(提出期限など)を確認のうえ、受講してください。※ソフトウエアのインストールが必要な科目もあります。科目登録前に必ずオンライン授業体験版を確認してください。[成績評価・課題提出について] オンライン授業の成績評価は、Ⓐ~Eの6区分で行い、C以上が合格です。成績評価方法・課題の締め切りは科目により異なります。成績評価方法についてはシラバスを確認してください。各科目の課題実施期間の確認方法は次ページを参照してください。[オンライン授業の担当講師について] オンライン授業では、科目全体を統括する責任者である「主任講師」の他に、専門性の高い一部の回の責任者である「専門担当講師」が加わって担当する科目もあります。[学習履歴データの提供について] このたび放送大学では、オンライン授業の改善・発展を目的として、国立情報学研究所と共同研究を進める協定を締結しました。この共同研究を進めるにあたり、オンライン授業を実施する過程で蓄積される学習履歴データを、国立情報学研究所に提供する場合があります。その際は、個人を特定できない形で提供するなど、学生の皆さんの個人情報保護に十分に留意することをお知らせします。 オンライン授業を受講する際には、国立情報学研究所に対して、学習履歴データの提供が行われる場合があることをご認識ください。

元のページ  ../index.html#148

このブックを見る