2020_gb_jk_an_01
15/152

科目区分哲学・芸術文化系歴史学・地域文化系文学・言語文化系人類学・比較文化系共用科目コース科目400総合科目420 レジリエンスの諸相(ʼ18)【生活と福祉】420 開発経済学:アジアの農村から(ʼ20)【社会と産業】410 色と形を探究する(ʼ17)【心理と教育】*左記以外の2015年度以前開設の総合科目についてはすべて共用科目とする。300専門科目320 比較認知科学(ʼ17)【心理と教育】320 心理統計法(ʼ17)【心理と教育】320 日本政治思想史(ʼ17)【社会と産業】320 都市と農山村からみる身近な経済(ʼ18)【社会と産業】320 都市と地域の社会学(ʼ18)【社会と産業】320 グローバル経済史(ʼ18)【社会と産業】320 現代の国際政治(ʼ18)【社会と産業】320 日本政治外交史(ʼ19)【社会と産業】320 中東の政治(ʼ20)【社会と産業】320 ヨーロッパ政治史(ʼ20)【社会と産業】320 現代東アジアの政治と社会(ʼ20)【社会と産業】320 メディア論(ʼ18)【情報】320 情報化社会におけるメディア教育(ʼ20)【情報】310 生涯学習を考える(ʼ17)【心理と教育】200導入科目100基盤科目110 運動と健康(ʼ18)110 自然科学はじめの一歩(ʼ15)110 遠隔学習のためのパソコン活用(ʼ17)110 小学校外国語教育教授基礎論(ʼ17)110 子育て支援−法と政策を学ぶ(ʼ20)110 情報学へのとびら(ʼ16)110 市民自治の知識と実践(ʼ15)110 日本語リテラシー(ʼ16)110 初歩からの数学(ʼ18)110 問題解決の進め方(ʼ19)110 日本語リテラシー演習(ʼ18)110 身近な統計(ʼ18)110 国際理解のために(ʼ19)110 日本語アカデミックライティング(ʼ17)110 演習初歩からの数学(ʼ20)*基盤科目のうち、外国語科目については別掲※他コース開設科目ですが、卒業要件上本コースの開設科目として取り扱います。ナンバリングレベル表示科目区分初級(10)中級(20)上級(30)総合科目(400)410420430専門科目(300)310320330導入科目(200)210220230基盤科目(100)110【人間と文化コース】学習の流れとして、下から上へ積み重ねる形で、原則として基盤科目→導入科目→専門科目→総合科目の順に履修することとなります。220 漢文の読み方(ʼ19)410 世界の中の日本(ʼ15)330 現代フランス哲学に学ぶ(ʼ17)330 西洋芸術の歴史と理論(ʼ16)330 日本美術史の近代とその外部(ʼ18)320 経験論から言語哲学へ(ʼ16)320 舞台芸術の魅力(ʼ17)320 現代の危機と哲学(ʼ18)320 日本仏教を捉え直す(ʼ18)320 日本の古代中世(ʼ17)320 日本の近世(ʼ20)320 韓国朝鮮の歴史(ʼ15)320 中国と東部ユーラシアの歴史(ʼ20)320 東南アジアの歴史(ʼ18)320 ヨーロッパの歴史Ⅱ(ʼ15)320 考古学(ʼ18)330 世界文学の古典を読む(ʼ20)330 ヨーロッパ文学の読み方-近代篇(ʼ19)320 日本文学の名作を読む(ʼ17)320 上田秋成の文学(ʼ16)320 『方丈記』と『徒然草』(ʼ18)320 文学批評への招待(ʼ18)410 環境と社会(ʼ15)310 言語研究法(ʼ19)320 「人新世」時代の文化人類学(ʼ20)320 フィールドワークと民族誌(ʼ17)320 博物館経営論(ʼ19)320 博物館教育論(ʼ16)310 博物館展示論(ʼ16)310 博物館資料保存論(ʼ19)310 博物館情報・メディア論(ʼ18)310 博物館資料論(ʼ18)220 日本の近現代(ʼ15)220 歴史と人間(ʼ14)210 博物館概論(ʼ19)210 コミュニケーション学入門(ʼ19)220 世界文学への招待(ʼ16)220 『古事記』と『万葉集』(ʼ15)220 西洋哲学の起源(ʼ16)220 哲学・思想を今考える(ʼ18)210 総合人類学としてのヒト学(ʼ18)210 博物館で学ぶ文化人類学の基礎(ʼ20)210 日本文学における古典と近代(ʼ18)210 新しい言語学(ʼ18)210 日本語学入門(ʼ20)230 現代人文地理学(ʼ18)410 音を追究する(ʼ16)410 音を追究する(ʼ16)330 アメリカの芸術と文化(ʼ19)320 文学・芸術・武道にみる日本文化(ʼ19)330 アメリカの芸術と文化(ʼ19)13

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る