2020_gb_jk_an_01
34/152

1 制度の目的 「科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)」は、本学が指定する特定の授業科目群を履修することにより、ある分野に目的・関心を持ち、そのための学習を体系的に行ったことを証明する、本学独自の制度です。2008年度からは新たに学校教育法に規定された「履修証明制度」にも対応しています。学生の皆さんは、この制度を利用することで、ご自身の学習目標をより明確にすることができ、さらには学習の成果を社会貢献等へ活用するなど、学習および生活の場で認証の成果を役立てることが可能です。2 エキスパートの活用方法・卒業への道のりのステップとして・学習計画を立てる際の履修モデルとして・学士とは別に特定の専門分野の修得を証明するものとして・ある専門分野を体系的に学ぶ際の道しるべとして・認証状取得そのものを目標として3 認証状を取得するまで取得!卒業!stepstep入 学科目登録認証取得条件充足認証状申請認証状交付全科履修生・選科履修生・科目履修生として入学目標のプランに必要な科目を登録目標とするプランの認証取得条件を満たす認証取得条件を満たしたら、「認証状等交付願」により申請2020年度認証一覧※各プランの授業科目群や、認証状申請手続きの詳細につきましては、冊子『科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)について 2020年度版』または小冊子『放送大学エキスパート 2020年度版』をご覧ください。(各学習センターにて配布しています。また、放送大学ホームページにも掲載しています。)※のプランは2021年3月31日をもって廃止されますが、2026年3月31日まで認証状の申請はできます。※~のプランは2019年3月31日をもって廃止されましたが、2024年3月31日まで認証状の申請はできます。※本制度は放送大学の卒業要件ではありませんので、必ず取得しなくてはならないものではありません。01 健康福祉指導プラン(健康福祉運動指導者)02 福祉コーディネータプラン(福祉コーディネータ)03 社会生活企画プラン(社会生活プランナー)04 食と健康アドバイザープラン(食と健康アドバイザー)05 心理学基礎プラン(心理学基礎)06 臨床心理学基礎プラン(臨床心理学基礎)07 社会探究プラン(現代社会の探究)08 市民活動支援プラン(市民政策論)09 次世代育成支援プラン(次世代育成支援)10 異文化コミュニケーションプラン(異文化理解支援)11 日本の文化・社会探究プラン(日本の文化と社会)12 宇宙・地球科学プラン(宇宙・地球科学)13 生命科学プラン(生命人間科学)14 環境科学プラン(環境科学の基礎)15 社会数学プラン(数学と社会)16 芸術系博物館プラン(芸術系博物館活動支援)17 歴史系博物館プラン(歴史系博物館活動支援)18 自然系博物館プラン(自然系博物館活動支援)19 工学基礎プラン(工学基礎)20 人にやさしいメディアデザインプラン(人にやさしいメディアのデザイン)21 計算機科学基礎プラン(計算機科学の基礎)22 地域貢献リーダー人材育成プラン(地域貢献リーダー人材)23 日本文化を伝える国際ボランティア・ガイド(基礎力)養成プラン  (日本文化を伝える国際ボランティア・ガイド(基礎力)養成~2020年ボランティア・ガイド~)24 学校地域連携コーディネータープラン(学校地域連携コーディネーター)25 データサイエンスプラン(データサイエンス)26 実践経営学プラン(経営の理解)27 ものづくりMOTプラン(ものづくりとMOT(技術経営)を学ぶ)28 コミュニティ学習支援プラン(地域生涯学習支援)29 アジア研究プラン(アジア研究)30 エネルギー・環境研究プラン(エネルギー環境政策論)科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)について※※※※※※※※※32

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る