2020_gb_jk_an_01
77/152

75心理と教育コース 総合科目心理と教育コース(注)「メディア、放送時間」欄についてはp.1を参照してください(BS放送、学習センター等での視聴について説明しています)。(注)単位認定試験の平均点については2019年11月1日現在での過去2学期(2018年度第2学期、2019年度第1学期)分を掲載しています。(注)網掛けの科目はオンライン授業科目です。課題実施スケジュールの確認方法はp.146を確認してください。(注)放送授業科目の放送期間はおおむね4年間です(放送期間は事情により変更することがあります)。(注)〈字〉がついている科目には字幕が付与されています。科目コード科目名ナンバリング主任講師名単 位メディア放送時間単位認定試験日・時限講義概要平 均 点(1950010)情報化社会と国際ボランティア('19)〈410〉山田 恒夫(放送大学教授)2019年度開設科目2テレビ〈字〉〔第1学期〕(水)12:45~13:30[第1学期]2020年7月17日(金)6時限(15:35~16:25)[情報コースと共用] 情報化と国際ボランティア活動は、グローバル化した21世紀の市民社会の形成に大きな役割を果たすものと考えられている。国際ボランティア研究のトピックとその実践における多様な側面を紹介することで、国際ボランティア活動に対する理解を深めると同時に、国際ボランティアを自らのキャリアとの関わりの中で考えられるようにする。国際ボランティア活動は市民の参加する活動であり、市民が世界の課題に目を向け、その課題解決に自らが関わることを目指すものである。情報化、特にインターネットの全世界的普及はこうした動きを促進しており、その関わりの中で新たな国際ボランティアの形態も出現している。国際ボランティア学とその体系化には我が国が大きな貢献を果たしており、その実践活動と学問内容を知ることには大きな意味がある。国際ボランティアは、東日本大震災をはじめ、近年の巨大災害で社会で注目を浴び、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催や訪日外国人の増加により広く社会的な関心を集めている分野でもある。※本科目については、国際ボランティア活動の内容や対象、利用される情報通信技術(ICT)に応じ、さまざまな関連科目が存在する。また本科目は、これまで学習した研究領域や科目を、国際ボランティアというキャリアパスの中で再考するための手掛かりを与える場であり、そういう意味でも総合科目であるといえる。【平均点】2019年度1学期(77.8点)(1950037)情報技術が拓く人間理解('20)〈420〉仁科 エミ(放送大学教授)辰己 丈夫(放送大学教授)2020年度開設科目2テレビ〔第1学期〕(木)12:45~13:30[第1学期]2020年7月23日(木)3時限(11:35~12:25)[情報コースと共用] 情報通信技術の進展は、私たちの社会生活を大きく変貌させ、そのなかで生きる人々の思考・行動にも大きな影響を及ぼしている。IoT環境、ライフログ技術、ビッグデータ、人工知能など情報通信技術に関する新規性の高い技術とその可能性、社会的有用性、そしてそれらが人間および社会に及ぼす影響についての知識を深める。同時に、情報技術の活用によって画期的に前進しつつある遺伝子研究や脳における情報処理についての知見を紹介し、人間と情報環境との関わりについて考察する。*2015年以前開設の総合科目(全コース開設)については、p.132をご覧ください。

元のページ  ../index.html#77

このブックを見る