教養学部案内
13/48

11TALOGUEいろいろな職種、世代の方々が、日本各地で自分なりの学び方を実践しています。 あなたも自分のスタイルに合う学び方を、放送大学で探してみませんか?熱意ある指導と手厚い教育支援で、学位取得を目指します家庭の事情もあり、高校卒業後すぐに働き始めました。しかし、社会に出て大卒の重要性を痛感。学び直して大卒の資格を取得したいと考えていたところ、職場の恩師に放送大学を紹介されました。最大の魅力は東京大学や京都大学等の難関校で指導に当たられる教員の授業を、リーズナブルに受けられることです。面接授業では講師の方に直接指導してもらえますし、学習センターによっては講師との学習相談を対面で行えます。教育支援も手厚く、所長の「卒業を諦めることを諦めさせる」という言葉が強く残っています。| 石田さんの |706,000円学費学位取得まで見込んでいる金額です。全科履修生での市役所職員の在籍期間:1年半学生種:全科履修生石田 優さん[ 20代 ]福岡県週末のスクーリングに通えることが魅力短大卒業後、仕事をしながら放送大学へ入学。その後しばらく休学していましたが、最近、筋萎縮性側索硬化症(ALS)という進行性の難病を患い体が不自由になり、日々感じる自身の生きづらさや、障がいを取り巻く問題だけでなくさまざまな社会問題について知識や考えを深めたいなどの思いから、再入学をしました。再入学に当たっては、障がいへの配慮について事前に面接を設けていただきました。勉強を再開してからは、「残された時間をいかによく生きるか」という自身にとって非常に重要な問題と向き合うため、学びは欠かせないものになっています。今の私にとっては、学習が楽しみになっているので、空き時間はとにかくテキストや関連書籍を読んでいます。体系的な学習ができること、たまたま出会った知識や思いがけない気づきから自分の世界が広がっていくこと、仲間と励まし合えること。これらが魅力です。会社経営者の在籍期間:1年半学生種:全科履修生佐藤裕美さん[ 40代 ]東京都

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る