教養学部案内
21/48

19心理と教育コースの授業の例データを読み解き、こころを知る子どもを救う臨床心理士の役割イルカには本当に感情があるのか動物の学習、ならびに認知、知性、感情の働きについて、最新の研究を織り交ぜながら講義します。まず学習の一般的原理を解説したうえで、原理では理解が難しい諸現象を生物学的視点から意味づけ、多様な動物の認知機能と感情機能を紹介。ヒトのこころの特徴を、動物たちのこころに照らして考えます。「比較認知科学(ʼ17)」 藤田 和生 (京都大学名誉教授)心理学はデータに基づいて心のメカニズムを研究する学問。心理学のためのデータ分析法について講義します。本講義では、従来の心理統計法の講義で前提とされてきた有意性検定ではなく、ベイズ流のアプローチで学習系列を展開。データ分析の基礎として、また統計学の再入門編として受講できます。前半では子どもの心の発達および心理療法の理論と方法について概要を説明。後半では、保健・保育、教育、医療、福祉のさまざまな領域における子どもと家族への心理的支援の実情を紹介します。児童虐待や発達障害、家庭問題等のトピックも取りあげながら、臨床心理士の果たす役割について論じます。「乳幼児・児童の心理臨床(ʼ17)」小林 真理子 (放送大学教授)塩﨑 尚美 (日本女子大学教授)「心理統計法(ʼ17)」豊田 秀樹(早稲田大学教授)コースや科目の選択に迷っている方に、各コースの教員が授業の面白さを凝縮した誌上講義を行います。ぜひ「科目選びのヒント」として役立ててください。       Psychology&     Education心理と教育コース 「発達心理学」は、受精から死に至るまでの一生涯を扱う学問。発達って、子どもだけの話じゃないの? と思われるかもしれませんが、大人になってからの発達もあるんです。例えば「結晶性知能」。過去の経験や学習に基づいた現実的な問題に対する解決能力のことで、老年期まで伸び続けるとされています。また情緒的安定性等パーソナリティの面での成熟も。大人の発達心理は、比較的新しい研究分野なので、今後も新たな発見が期待できます。 とはいえ、発達には個人差もありますし、時代や文化が与える影響も見逃せません。 今明らかにされているセオリーが唯一の正解というわけではありませんが、発達の大まかな傾向や個別の事例を知ることで、私たちは子どもの成長や大人になった自分、さらには老後の人生に対して、より広い視野を持って臨むことができるようになるのです。 受講生の皆さんには、講義で得た知識に自らの経験を重ね合わせて、自分の人生や他者との関係性をより味わい深いものにしていっていただけたらと願っています。「発達心理学概論(ʼ17)」加齢? いいえ、大人も発達しています向田 久美子放送大学教授お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程単位取得退学。博士(心理学)。清泉女学院大学准教授等を経て現職。専攻は、発達心理学、文化心理学。向田 久美子放送大学准教授お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程単位取得退学。博士(心理学)。清泉女学院大学准教授等を経て現職。専攻は、発達心理学、文化心理学。

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る