教養学部案内
5/48

 このような時代にあって、本学の教養教育は何を目指し、いかに展開されるべきか。 効率的に関連する情報を探し、確定された範囲から必要な正確な情報をふるい分けて自らのものとし、それを用いて与えられた課題に有効な解決を与えることのできる能力は、段階的に形成され、向上していくものです。繰り返しによる洗練と向上。そのトレーニングが生涯続く能力の基礎となります。 ある時点で体系的に学び、自らの問題解決に必要な正確な情報を選別し、さまざまに存在しうる事実とその相互関連についての的確で創造的な解釈と、問題解決に関する提案に高い説得力を持たせる技術は、そのような作業を実践することによって初めて身につき、その繰り返しによって洗練されていくものです。放送大学の教養教育は、そのようなトレーニングの基盤です。 その自覚を持って学ばれることを期待します。CONTENTS 知識を吸収し、集約し、人格形成され、外に向かって上昇していくことを表す。多数の人々が教育を受ける機会を表す。 白は知識の吸収を、ブルーは人格の形成を表す。(制作:永井一正氏)123シンボルマークについてはじめまして、放送大学です。p.4PICK UP! 3つの授業スタイルp.8LEARNING STYLE CATALOGUE p.10興味広がる、学びの道しるべ放送大学エキスパートp.14科目選びのヒントp.18学びの6つのコースp.25資格取得でキャリアアップ!p.38施設案内p.42入学を希望する方へp.44放送大学長・來生 新“Know it all”から“Learn it all”へ3

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る